安心ルーティーン研修

トップページ安心ルーティーン研修
安心ルーティーン研修イメージ

研修メニュー

時間 項目 内容 期待効果 形式
30 社会の変化 社会環境の変化を確認 現状の環境を認識できる 講義
30 ストレスとは 良いストレス/悪いストレスなどを説明する 自分自身でストレス対処出来ることを理解できる 講義
20 気配り 日常生活での態度を説明 日常生活での好ましい態度や発などを理解できる 講義
20 気づき いつもと違う仲間の変化について、どのような所に注意をしたら良いか説明する いつもと違う仲間の変化をチェックしておき、早目の気づきや対処につなげることができる GW
20 声かけ 仲間の変化に気づいた時の声かけの仕方を説明する 声かけに戸惑わないような対処の仕方を理解して行うことができる GW
60 傾聴 傾聴の姿勢・態度を学ぶ 話を聴く姿勢や態度を体験しながら学ぶことができる 体験
20 つなぐ・見守る 適正にリファーする必要性を学び、気配りにつなげる 社会のリソース(医療機関や相談機関)を把握してつなげる事ができ、見守ることが気配りとなることを理解でききる 講義

研修の所要時間は、依頼元の都合でアレンジすることが可能です。

お申し込み

「“安心ルーティーン”を身に付けよう」
リーフレットをご希望の方は
下記へお問い合わせください。

〜ご注意〜
本リーフレットは適切な指導者のもとで
学習してください。

info@rapport-dai.jp

お問い合せ